技術職(IT系開発エンジニア)について

技術職(IT系開発エンジニア)について

IT業界では、情報システムの開発案件が増え一ているにもかかわらず、開発エンジニア不足が深一刻化している。以前なら考えられなかったことだが、金融機関本体の情報システム部門が、SI企業や-F関連企業のエンジニアを直接採用している。加えて、クルマの電子じが進む自動車業界でも、自動車メーカー自らが積極的にITエンジニアの採用に乗り出しているのだ。しかも、採用企業は一定数の人材を確保しなければならないため、応募条件や書類選考の通過基準も緩和される傾向にある。

現在は下請け企業の開発エンジニアから大手・元請けの業務系開発エンジニアにキャリアアップできる状況にある。受注側びら発注側への転職も可能と、スキルアップに前向きな若手エンジニアが、よりレべルの高い職場・仕事に就けるチャンスなのである。

ITエンジニアが成功転職を実現させるには、入社後の早急なスキルアップ、開発経験の積み重ねが必要である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です