問題外な書類を落とすための一次選考突破が最初の壁

書類の書き方自体が間違っているケースは即不採用

応募書類のミス、不手際
誤字・脱字、宛名や敬称の若手誤りなどが垣間見られるケース

情報過多(長文編)
自分史のように、白分の今情報1までを事細かに書き綴ったるの(ような長文の職務経歴書を送りつけるケース
情報が多ければ、PR度が向上すると考えるのは早計。コンパクトにまとめて見やすくするのも、応募者に求められるビジネススキル。

情報過多(書類編)
求人情報に掲載されている評ヤ応募書類以外の書類を作成の応募し、許可なしに送りつけるんで選ケース
よかれと思った行為が、かえってマイナス印象になる事例の典型例。

情報過少
余白が目立つスカスカの応単なミ募書類を送りつけるケース
単なる事実の羅列だけでは、昨今の転職超氷河期は勝ち残れない。

中高年の場合、些細なミスであうても致命傷になってしまうケースが大半。提出までは、集中して何度も繰り返し見直すことを徹底するように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です