仕事に求めるのは、やりがいか?収入か?

やりがいと収入は矛盾する?

仕事をするのであれば、誰でも、やりがいがあって高い収入を得られる仕事がしたいと思うはずです。仕事には一生の半分以上の時間を費やすわけですから、どうせなら好きなこと、やりたいこと、やりがいのあることを仕事にしたいと思っているはずです。ただ、一般的には「やりがいを追求すれば収入は減る」、「収入を求めれぱやリがいはあまり求められない」と言われていたりします。就職や転職を考えるときはどうも、「やりがい」か「収入」かの二者択一で考えられていることが多いようです。

本当の意味でのやりがいとは?

世間一般で言うやりがいとは、その仕事をしていて「楽しい」と思えるかとか、「満足」できるかどうかという意味で捉えられているように感じます。しかし、仕事で「何をしたいのか」、そこから「何を得たいのか」、そのために「何をやるぺきなのか」、この3つが見えていなけれぱ、本当の爵慧でのやりがいを得ることは到底できません。

やりがいというと、ついお金を軽視してしまう傾向かあると思いますが、そうはではありません。好きなことをしてできるだけ多くのお金を獲博するために、やりがいを求めるのです。

本当の意味でのやりがいとは

・何をやりたいのか
・そこから何を得たいのか
・そのために何をやるべきか

これをクリアしてはじめてお金とはかりにかけられます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です