不況下における企業の採用方針

増員から補充へシフト

企業の増員計画は大幅に見直されるか白紙撤回されているが、もちろん転職市場の求人かゼロになったわけではない。「重要なプロジェクトのキーパーソンとなる前者任者が退職したので、大至急、補充人材を採用したい」という求人が、転職エージエントの下に数多く寄せられている。つまり、企業の転職者採用の中心は層屋から補充」へとシフトしてい:るのだ。事業戦略が一変し、プロジェクトの遂行が危ぶまれる。今の会社に残っていても、新しいチャレンジはできそうにない。カのある人ほど、次の成長機会を求めて別の職場に移っていくのである。

前任者と同等の力か求められる

補充採用では当然、前任者が身につけていたのと同等のスキル、経験、知識が求められる。好況期の増員採用であれば、経験不足でもポテンシャル採用も珍しくなかった。しかし、キーパーソンの補充の場合、採用のハードルほかなり高い。募集の背景、チームや上司、プロジェクトの内容や組織の現状を応募前に調ぺ、自分の実績と経験、スキルと照らし合わせる必要がある。自分のカが役に立つと確信を持てる求人でない限り、応募しても結果は厳しいことが多い。仮に採用されたとしても、結果を出せずに早期退職に追い込まれるリスクも高いことに注意が必要である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です