キャリアを失う求人の見分け方

復活のシナリオかない会社は要注意

不況下で積極採用する企業の求人やワケあり求人には、要注意の案件が混ざっている。ワケあり企業の姿勢を見極める最良の方法は、明確な経営ビジョンや成長に向けた具体的な計画性といった「復活のシナリオ」の有無である。求められる業務が復活のシナリオの一環であれば、全面的なサポートが期待できる。反対に、復活のシナリオは一切聞かれず、一方的に「~できますか?」と問われる企業は危ないと言えるだろう。

キャリアの整合性に合わない求人はNG

不況下で積極採用を続ける企業の中には、次々と社員が辞めている会社が少なくない。人を採用しないと売り上げが立たないサーピス業に多い。

人を採用しないと経営か成り立たないため、それなりの給与で迎えられる。一歩間違えば、その後のキャリアを失うリスクのある求人だ。どんな転職でも妥協してはならばいのは、整合性のあるキャリアストーリーである。自分で判断できなければ、エージェントなどの第三者の意見を求めよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です